ボディセンス 香水 最安値

ボディセンスの香水の使い方!つけるときの注意点は?

今回はボディセンスの使い方について解説したいと思います。

 

香水全般に言えることですが、付けすぎは厳禁です。

 

特にボディセンスの場合、異性に刺激が強すぎて悪いことを考えているあなたの想像通りの展開になってしまいます。笑

 

1人だけいい気持ちになろうなんてダメですよ。

 

男性フェロモンマックス状態になったらもうモテるしかなくなり、困ってしまうと思うので、そこら辺のさじ加減のお話をしたいと思います。

 

効果的な付け方や使い方もしっかりお話していきたいと思います。

ボディセンスの香水をつけるときの注意点

これは先ほどもお話しましたが、香水は全般的に付けすぎは厳禁です。

 

そこら辺はお分かりかと思いますが、香水初心者や、あんまり香水をつけた経験が無い人ほどたくさんつけてしまいがち。

 

そうなると、周りからいい印象は抱いてもらえません。

 

香水と言うものは基本的に匂いがキツイです。

 

中にはほのかな香りを売りにしている香水も販売されていますが、基本的にはキツイにおいが多いです。

 

そして、香水をつけたとき、自分からしたらあまり匂いを感じなくても周りからするとかなり香水がキツイなんてことも多々ありますね。

 

自分が感じる香水の匂いと周りが感じる香水の香りには差があることをまずは前提として認識しておきましょう。

 

ここではまずはボディセンスの香水ではなく、一般的な香水の付け方を解説していきます。

基本的な香水の使い方や付け方は?

男女問わずモテる為の要素となるのが匂いです

 

いい匂いはやはり気分を良くしてくれます。

 

いい匂いをしている人はそれだけで好印象になります。

 

それでは、ここでは基本的な香水の付け方について詳しく解説していきたいと思います。

香水の付け方のポイント1

香水を使うとき、思わずプッシュしすぎてしまいますが、ここははやる気持ちを抑えて2〜3プッシュにとどめておきましょう。

 

自分の鼻が香りに慣れてきて匂いが消えてしまったと錯覚してしまうかもしれませんが、周りの人たちには十分香っているのです。

 

香水と言うものはほのかに香るレベルが一番印象が良くて、逆に自分が分かるぐらい強烈だとドン引きされます。

 

つけた香水の効果を持続させたいなら香水は刷り込まないことです。することで香りの粒子がつぶれてしまい効果は半減してしまいます。

 

香水の付け方のポイント2

香水のつけるタイミングですが、出かける30分〜1時間前につけると効果的です。

 

香水はつけた直後〜15分ぐらいが一番匂いのキツいタイミングです。

 

そのキツイ匂いが和らいだタイミングが一番香水の匂いを引き立ててくれるタイミングとなります。

出かける1時間前に香水をつけると、デートの日に待ち合わせ場所で合流した時ぐらいに一番ベストなタイミングでほのかに香ります。
香水の付け方3

香水の正しい付け方とつけるタイミングについて理解したら次は香水を体のどの部分につけるか?です。

 

香水を体のどの場所につけるかによって匂いが変わります。

 

香水を手首や首筋につける方が多くいますが、ここは日常生活の中で多く動かしてしまう場所なので、なおかつ鼻に近い場所なので香水をつける量を間違えると印象が悪くなってしまう可能性が高いです。

 

手軽につけることが出来ますが、香水をつける感覚が分からないうちは避けたほうがいい場所なのです。

 

つけるとしても少しづつ丁寧につけるつもりていないと悪印象となってしまうので注意が必要です。

香水は体温の高い場所につけるのがベスト!

香水というのは温度が高い場所につけると暖められて匂いが上にあがっていくと言う性質をもっています。

ほんのり香らせたいのであれば体温の高い場所に少しだけ香水をつけるというのが鉄板です。

香水は上半身につけると、香りは強くなり、下半身につけるとソフトな印象になります。

香水をつけるお勧めポイントはここ!

香水の付け方、タイミング、香水の性質が理解できたら今度は香水をどの部位につけるか?

 

と言うことについて解説していきます。

髪の毛

髪の毛に香水と聞くとびっくりするかもしれませんが、おすすめの方法です。

 

ここは2〜3プッシュの鉄則どおりに香水をかけていき、髪全体になじませることを意識してください。

後頭部

出来るだけ後頭部の近くにつけることがおすすめです。

 

しかし、髪の毛が短い人は後頭部にあたる紫外線によって香りの変化が出やすい場所でもあります。

 

耳の後ろは体温が高い場所で、鼻に近い場所なのでかなり匂いが強くなります。

 

食事の席などでは控えるようにしましょう。

両肘の内側

肘は体の中でも良く動かす部分です。

 

効率よくほのかな香りを漂わせることができます。

 

ここは1プッシュでいいでしょう。

心臓

心臓部分に香水をつけると、心臓の鼓動によって香りの粒子が効率よく飛んでいきます。

脇腹

服を着る前に20pから30pほど離して1プッシュすると服の間から効率よく香ってきます。

太もも

体温が高く、良く動かす場所でもあり、鼻から遠い場所なのでソフトに香ってきます。

膝の裏

体温が低い場所で香り立ちはないのですが、かすかに香ってきます。

 

唯一ミスが許される場所ですね。

くるぶし周辺

ここは汗をかきにくい場所です。

 

なので香り立ちはあまり感じられませんが、歩いているとほのかに香ってきます。

 

匂いは下から上に上がってくる性質があるので、付け直す際はこちらにつけるといいでしょう。

 

以上が一般的に香水をつける時のポイントでした。

 

では次はボディセンスの場合はどうやって香水をつけるのかお話していきたいと思います。

ボディセンスの効果的な使い方とは?

まずは基本となる使い方をご紹介したいと思います。

 

プッシュ型の香水の使い方をご紹介しましたが、ボディセンスの場合は分量の基準が少し分かりにくいですね。

 

プッシュ型なら1プッシュなど基準が明確にあるのにボディセンスの場合は個人の肌感覚に頼らざるを得ません。

 

この分量ですが、もうほんと少な目にさっと指で少しなぞるぐらいにとどめておいたほうがいいです。

 

なんせ1個の1ヶ月分が8グラムなので思っているより少なくてかまいません。

 

それでは1塗りにおける基準が分かったところで次は手順に移りたいとおもいます。

1ボディセンスのフタあけて指先で表面をなぞります。

 

 

ここでなぞる量は本当に少なめで大丈夫です。

2手首の内側に刷り込みます。血管の上に塗るのがポイント。

 

 

ここでは熱を発しやすい血管を利用します。

 

血管が見える肌の場所は血管が薄いところに比べて温度が上がりやすいのでお勧めの場所になります。

3首筋に塗るのも有効です。薄く広げるように塗ります。

首筋は鼻に近い部分なので効果的に異性にアプローチできるポイントですね。

4うなじに塗ります。香りが出やすいのでより効果的です。

 

 

以上がボディセンスを使う際の基本となる使い方でした。

 

この場所でも十分にあなたの男性フェロモンを引き出し、異性を十分にひきつけることはできます。

 

これだけでも異性に簡単にアプローチできるのですが、もっとさりげなくしつこくなく異性の本能を鷲づかみにする方法は先ほどの基本的な香水の付け方とミックスさせることです。

 

全ての項目をがっつり塗り込むのではなく、あくまでもさりげなくと言うのが好印象なので、さりげなく塗り込んでみてはいかがでしょうか?

 

公式サイトはこちら



禁断の香水ボディセンスとは? ボディセンス使い方と注意点 ボディセンスの購入方法や保障の詳細